どの企業でも抑えられる費用は抑えたいと考えています。Giraffeでは一定のクオリティを保ったまま、今までよりも低価格で教材音声をご提供しております。

参考書や語学書に声が必要なケース

耳で覚える必要性

英語のみならず中国語など外国語をビジネスで使う機会は多いです。スクールに通われる方も沢山いらっしゃいますが、時間が取れない場合などは参考書を利用して学ぶ方法もあり、今ではその殆どに音声のサンプルが添付されています。逆にサンプルがない場合、耳で覚えることが出来ないので正しい音を理解することが出来ず中途半端になりがちです。

CDからダウンロードの時代

一昔前は書籍にCDがついていましたが、現在はダウンロードやアプリが主流になっています。通信制限やダウンロードの時間を短くする必要などから、CDの様な高音質よりも多少劣化しても容量が小さい音源が好まれているようです。音を楽しむのが目的ではなく、中身を知ることが目的となっているからです。

低予算でもクオリティを落とさない

予算を抑えた制作が必須

少ない予算で制作をするのは、アイデアを考えるなど面白い部分もありますが、実際には大変な部分や苦労する事も多いです。外部への依頼や委託をする場合は、大きな費用が発生しますので依頼先を探すのも大事なポイントです。

水準をクリアしたナレーター

ナレーターの費用は実力や経歴によって大きな幅があります。上手いナレーターに頼めるのがベストですが、予算は限られていますので、水準をクリアしたナレーターにお願いするのが一番だと思います。制作物に対して高すぎる要求は、無駄なコストを発生させてしまいます。

やり取りを減らすことで業務を効率化できます

ナレーターの手配もスタジオ収録も一本化

弊社では、収録原稿をご用意いただければ「ナレーターの手配」「スタジオ収録」「音声編集」までを一括で対応致します。弊社の品質基準をクリアしたナレーターを手配するだけでなく、弊社スタッフが録音時にも立ち会うことで、クオリティが下がる心配もございません。

ナレーターの指定は男女のみとなります

トラック分けもお得な料金で対応します

面倒なトラック分けやファイル名の指定も他社に比べてリーズナブルな価格で請け負っております。「1トラック」を「180円」から対応させていただいております。ご指定の拡張子への変換にも対応をしております。

5,000文字100トラックなら33,000円

一般的な教材音声であれば必要十分な量を3万円前後で対応致します。また、トラック分けが多い場合は単価を値下げすることも可能ですので、お気軽にご相談下さい。